ENGLISH

共催セミナー|現地(神戸)開催

【現地(神戸)開催】共催セミナーお申込み方法

完全事前予約制

事前予約申込み期間に予約を行ってください。
事前予約期間は2020年2月15日(月)から開始します。
詳細はこちらをご確認ください。

※当日申込は感染拡大予防のため実施いたしません。
日本麻酔科学会よりチケット・整理券等の配布は行っておりません。

参加対象者

現地(神戸)開催学術集会参加者全員(※追加参加費用はございません)

参加方法と注意点

  • 事前予約者は開始5分前には必ず会場入りをお願いします。 セミナー開始時間5分前になりましたら、空席はキャンセル扱いとさせていただきます。
  • 完全入替制。入替時間は十分に設けておりますので、会場前混雑緩和・感染予防のため、 早い時間からお並びいただかないようご協力ください。
  • 神戸会場では感染予防対策を行っております。 ご来場前に【重要】現地(神戸会場)ご来場の皆様へをご確認ください。

現地(神戸)開催一覧

プログラム一覧ダウンロードはこちら
セッションコード セッション名(講演テーマ) 座長 演者 企業名 WEB配信
L01 術中・術後疼痛管理における区域麻酔の評価 山浦 健 山本 俊介
井上 莊一郎
ビー・ブラウンエースクラップ株式会社 -
L09 がん性疼痛治療におけるヒドロモルフォンの位置付け 橋口 さおり 小板橋 俊哉 第一三共株式会社 -
L10 超音波ガイド下血管穿刺の極意~見るだけなんてもったいないですよ!~ 森本 裕二 鈴木 昭広 ニプロ株式会社 -
L02 ビデオ喉頭鏡はニューノーマルの時代へ ~改良型McGRATH™ MAC~ 内田 寛治 鈴木 昭広
鈴木 康之
コヴィディエンジャパン株式会社 LIVE
L04 ちょっと未来の麻酔科医の スマートポンプ使いこなし術 山内 正憲 高階 雅紀 テルモ株式会社 LIVE
L05 末梢神経ブロック最前線 中本 達夫 武田 泰子
新屋 苑恵
アスペンジャパン株式会社 LIVE
L06 胸部傍脊椎神経ブロックを再考する:どうしたらより「効く」のか? 武田 吉正 武田 泰子 丸石製薬株式会社 LIVE
L03 周術期管理と周術期看護 長坂 安子 近藤 一郎
吉田 奏
株式会社フィリップス・ジャパン
L07 周術期医療におけるパラダイムシフト 齋藤 繁 藤原 祥裕 ドレーゲルジャパン株式会社
L08 人生100年時代を支える周術期管理: デスフルランの果たす役割 新山 幸俊 河野 崇 バクスター株式会社
L11 筋弛緩モニターの可能性 中塚 秀輝 岩崎 肇 MSD株式会社 -
L12 Technology makes Invisible Visible―テクノロジーの進化が叶えるモニタリングー 中島 芳樹 讃岐 美智義
神里 興太
マシモジャパン株式会社
L13 非心臓手術後心筋傷害に対する千葉大学病院での取り組み-周術期管理でMINSは予防できるのか- 江木 盛時 村松 隆宏 エドワーズライフサイエンス株式会社
L14 RATS(Robot-assisted Thoracic Surgery)の麻酔管理 2021 川真田 樹人 川越 いづみ スミスメディカル・ジャパン株式会社
L21 マイクロポンプが周術期管理を変える ~未来のPCA ポンプが今あなたの手に~ 佐和 貞治 山浦 健 大研医器株式会社
L16 術後合併症回避に向けて 鈴木 孝浩 能正 聖未
笹川 智貴
MSD株式会社 LIVE
L24 今すぐできる確実な感染症対策~プロフェッショナルの「手」~ 内田 寛治 加藤 果林 丸石製薬株式会社 LIVE
L25 チーム医療を担う周麻酔期看護師とともに 原 哲也 長坂 安子 丸石製薬株式会社 LIVE
L15 Physiology, clinical applications and implementation in clinical practice of nociception monitoring during general anesthesia 片山 勝之 Matthias Gruenewald GEヘルスケア・ジャパン株式会社
L17 ここまで進んだ手術スケジュール・勤務表作成の自動化 ~働き方改革のためにITがサポートできること~ 後藤 隆久 藤原 祥裕
鈴木 敦夫
伊藤 真理
株式会社フィリップス・ジャパン
L19 神経筋モニタリングの最新事情:患者の安全性への意味 福田 和彦 Sorin J Brull
岩崎 肇
フクダ電子株式会社
L20 周術期管理に血清マグネシウムを測定する意義 山内 正憲 濱口 眞輔 ノバ・バイオメディカル株式会社
L26 NIRSを加えた血行動態モニタリングの現状と展望 岡本 浩嗣 齋木 佳克
新妻 邦泰
エドワーズライフサイエンス株式会社

日本麻酔科学会第68回学術集会に関する著作権は、日本麻酔科学会に帰属します |security policy